IFRSプロジェクトマネジメント方法を決定する

企業の独自な要求事項を満たすために、どのようにプロジェクトマネジメントを実施するかを考えなければなりません。そのためには、IFRSコンバージョンに関するプロジェクトマネジメント事項を評価する際に必要な事項を考えなければなりません。すなわち、IFRSコンバージョンの目的、およびプロジェクトの目的によって、企業のニーズが異なりますので、どの程度の規模でプロジェクトマネジメントを実施するかを考えることです。

プロジェクトマネジメントを大規模に実施するか、または小規模に実施するを決定するには、以下の要素を考慮しなければなりません。

  • 多様性: 事業分野の複雑度、単体の事業分野か、複数の事業分野か。
  • 連結対象子会社: 少数か、多数か。
  • 企業規模: 小規模か、大規模か。
  • 国際展開: 日本だけか、多国籍か。
  • 変化への対応の素早さ: 素早く対応できるかどうか。
  • 戦略上の緊急度: 高い優先順位か、低い優先順位か。
  • 現在の財務諸表作成能力: 高いか、低いか。

また、タイム、コスト、品質に対する企業の方針を作ることが必要です。通常、ビジネスでは、これらの競合する要素のバランスを取ることが必要であり、IFRSコンバージョンプロジェクトもこれらの方針、目的を理解しておくことが重要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*