BSC戦略マップで戦略の実効整合性を検証しよう

目標を達成するための戦略の整合性をチェックし、その目標を共有する手法として、戦略マップを使用する方法を考えます。


戦略マップは、ロバート・S・キャプラン、デビッド・P・ノートンによって開発されたバランス・スコアカードの1部です。最初にバランス・スコアカードの概略を説明します。
このバランス・スコアカードは、これまで説明してきたように、経営ビジョンと経営戦略ありきからスタートします。このビジョンや戦略を成功裡に成し遂げるための経営施策を策定する分野として、4つの視点の下で経営施策を策定することに焦点を当てています。
その視点とは、「財務の視点」、「顧客の視点」、「内部業務プロセスの視点」、「学習と成長の視点」です。これらの視点を用いると、企業が経営施策を実施する全ての分野をバランス良くカバーできるというわけです。
バランス良くとは、自社からみて外部に対する施策の視点である「財務の視点」、「顧客の視点」と、自社内に対する施策の視点である「内部業務プロセスの視点」、「学習と成長の視点」があり、経営施策のバランスが出来ることを意味しています。スコアカードとは、この施策を業績評価に結びつけることから「バランス・スコアカード」となっています。詳細は、いろいろな書籍が出ていますので、そちらを参照してください。
戦略マップとは、バランス・スコアカードで選択したCSF 間の影響関係を明らかにし、選び出したCSF の組み合わせで最終目標に確かに到達できることを明らかにするとともに、どのCSF から満たしていくべきか(優先順位)を明確にすることを目的としています。
戦略マップへの展開作業は、以下のような手順を実行します。
1. CSFをBSCの4つの視点にマッピングする。
1)売上、コスト、資本効率等に関するCSFを「財務」の視点に分類する。
2)顧客満足の直接の要素になるものを「顧客」の視点に分類する。
3)業務プロセスの効果・効率に関する要素を「プロセス」の視点に分類する。
4)人材・インフラ等、将来に向けての投資に関わる要素を「学習・成長」の視点に分類する。
2. 戦略マップを作成する。
1)各CSF間の原因・結果関係を考える。(縦の関係、横の関係)
 上から下へは、「これを達成するためには、XXが必要である」、下から上へは、「これが達成できたら、YYが達成できる」という質問を繰り返す。
2)それに基づいて、CSFの間を→で結ぶ。(影響図)
3)影響図全体を見直しバランスを考える。
 場合によっては、→を引き直したり、CSF自体を見直す。
以上のプロセスを経て出来上がった影響図を戦略マップとします。
こうして出来上がった全社レベルの戦略マップの中で、例えば、顧客の視点に入っているCSF の実行は、営業組織が担当するというように割り振り、部門単位で部門別の戦略マップを作成します。
さらに掘り下げて従業員単位まで下げることができますが、その実用性はどうでしょうか。
戦略マップへの展開後は、評価指標、施策の選択と続きますが、これらについては、すでに先々週、先週と目標設定のところで取り上げましたので、割愛します。来週は、選択されたCSF およびその施策の優先順位を決定するキャッシュフロー分析を取り上げます。キャッシュフロー分析が終われば、経営戦略企画書を作成することになり、一連の経営戦略策定が終了することになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*