内部環境分析で自社の強み、弱みを知ろう

企業内部環境も、以降のSWOT分析の基礎資料となるものです。内部環境分析は、自社の「強み」と「弱み」を分析するものです。


強みとは、経営活動における経営機能や経営資源が、競合他社より競争優位性のある要因を自社の内部環境として有しており、事業上の好影響、すなわち収益の向上や市場の拡大が見込める要因をいいます。
言い換えると、「コアコンピタンス(同業他社に対し競争優位にある自社の中核的力)」を有している要因のことになります。
弱みとは、経営活動における経営機能や経営資源が、競合他社より競争優位性のない要因を自社の内部環境として有しており、事業上の悪影響、すなわち収益の低下や市場の縮小を招く要因をいいます。
強み要因とまったく逆の要因として捉えれば、良いと思います。
内部環境を分析するフレームワークは、マイケル・ポーターのバリューチェーンモデルを使用します。
このバリューチェーンモデルは、企業活動を基幹業務と支援業務に分け、どのように付加価値を付けていくかという「価値連鎖活動」を分析するものです。多くの経営戦略本に取り上げられていますので、詳細はそちらを参照してください。
まず、自社の基幹業務が、どのように流れているのか図示します。例えば、インプット、アウトプットの関係を見ながら、マーケティングよりの新製品情報を元に、設計 – 試作 – 購買 – 製造 – 出荷 – 営業 – アフターサービス、というようにバリューチェーンを描きます。これらのプロセスをさらに細分化して分析することになります。
次いで、支援業務が、どのように基幹業務をサポートしているのかを明確にします。バリューチェーン全体を見て、自社の強み、弱みを出して行きます。
すなわち、自分達の仕事が、会社の外部の顧客を維持し増やして獲得するという成果にどれだけつながっているかを考えることです。
要は、自分達の仕事が、会社の外部にいて、自由な選択権を持つ顧客に「他では得られないどんな価値」を与えているかを考えることです。これが「価値連鎖」です。
これもS社の内部環境分析の話。やはり多くの課題点が出てきました。今度は良い点も。
私「あんなに大規模なコスト削減策とリストラを打ち出して、強みが失われるんじゃないの?S社のノウハウは、人にあるのに。残るのは、設備のみになる。」
同僚「それよりも一早く、S社ショックを払拭したいのでは。」
私「それにしても長期的に見れば. . .」
ここでも、ブレインストーミング等で、発散と収束を繰り返します。
これで、自社の外部環境と内部環境の分析が終わりました。強み、弱み、機会、脅威がそろったわけです。
次回は、これらを元に、SWOT分析を行います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*