RSSパブリシャーの道を目指そう

今まで、RSSの基本を見てきました。
もうそろそろ、皆さんも決めなければなりません。どちらの道を行くか。
皆さんは、パブリシャーの道を目指しますか?
リーダー(readerであって、leaderではない)の道ですか?
それとも、その両方ですか?
パブリシャーの道を行くとは、どういうことでしょうか?


パブリシャーになると、リーダーに対して、良質のコンテンツや情報を提供する責任が発生します。
パブリシャーには多くの利点がありますが、それと同時に、良質のコンテンツを提供し続ける責任が発生し、コンテンツの水準を維持することがあなたの肩にかかってきます。
メールベースのニュースレターと異なり、あなたのフィードが、もし広告だけしかコンテンツがなければは、購読者へ飛んでいきません。
パブリシャーになると、次のような利点を得ることができます。
・検索エンジン経由のトラフィックが増加する。
・ウェブサイトの露出度が増加する。
・ブランド化の可能性が増加する。
・スパムフリー。
・あなたのコンテンツは、編集されない。
・購読者が直接ブロックしない限り、フィルターにかけられることもない。
・無限のウェブサイトとシンジケートできる。
・MSNやヤフーに短時間で登録される。
・開設費用が安い。
・更新が容易。
・非常に簡単に、あなたのオーディエンスやお客様へ情報を伝えることができる。
・フィードを更新することで、あなたのウェブサイトへのクリックスルーを得られる。
では、リーダーの道を行くとはどういう意味があるでしょうか。
皆さんが非常に多くの情報を検索しているのであれば、RSSフィードを購読することが好きになるでしょう。皆さんがお気に入りに登録しているウェブサイトが更新されると、即座に、その更新情報が手に入ります。
皆さんは、そのサイトを毎日訪問する必要がありません。これは非常に大きな時間の節約になります。RSSは、比重に面白く、情報に富み、いろいろなことを教えてくれます。また、広告を打つ有効な手段でもあります。
例えば、今話題があるライブドアを調べると、RSSディレクトリーに登録された記事数の推移を分析するだけで、どの程度の関心があるか調査することができます。
このような使い方で、簡単なマーケティング調査もすることができます。
もし、現時点でどちらの道へ進むか決めかねている場合は、まず、リーダーを体験することを薦めます。
これがまず最初の道でしょう。これで飽き足らなくなれば、パブリシャーの道へ進みましょう。
どのような道へ進んでも、皆さんが、RSSの虜になり、楽しんでくれると思っています。
新世紀eビジネス戦略には、今回取り上げましたRSSのほかに、いろいろなトピックを取り上げています。それらは、それぞれ独立してるのではなく、相互に関連しています。
トピックを組み合わせることで、新たなソリューションを考えることができるようになっています。また、そのヒントを随所に盛り込んでいますので、必ず皆さんのビジネスの起爆剤になるものだと自負しております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*