立ち上げフェーズでは核となるリーダクラスを人選する

ステークホルダーを特定しました。
プロジェクトの目標が合意できました。
では、次は何をするべきでしょうか?
目標を達成するために必要なプロジェクトメンバーを人選しなければなりません。
ただし、この段階では、必要なメンバーすべてではなく、プロジェクトの核となり、計画を作成するために必要ないわば、リーダクラスです。


PMBOKでは、人的資源の確保は、計画フェーズで行なうことになっています。
さらに深く読むと、計画は、プロマネ1人が作るのではなく、メンバーと共に作ることとなっています。
???
おいおい、計画を作成するのにメンバーが要る。
メンバーは、計画を作成した後で調達する?
堂々巡りではないか….
いったい、どの段階で調達すれば良いんだ?
これが、私が最初にPMBOKを読んだ時の素朴な疑問でした。
で、その解答は、
実際にプロジェクトの人材を調達する時に、どの様にやっているか
を考えることでした。
立ち上げフェーズでは、核となるリーダークラスのみ人選し、
彼らと計画を作成して、必要なスキルをもつメンバーを後で調達する
と言う、二段構えの調達方法です。
こんな単純なことが分かるまで、PMBOKって不親切だなぁと思っていました。
これからPMBOKを勉強される方は、PMBOKはあくまでも、
「知識」集合体であって、
実際のプロジェクト運営のためのメソドロジーではない
ということを、念頭において行なわれた方が良いと思います。
実際にはどの様に行なわれているかを考えながら、PBMOKを読むと理解が深まると思います。
以前紹介した、ステークホルダーに振り回されたプロマネは、
ステークホルダーから誤った情報を鵜呑みにして、
プロジェクトの目標に合意できず、
さらに、必要なスキルを持ったメンバーを集められなかったこと
が敗因でした。
ステークホルダーを特定する、
ステークホルダーの期待、目標を確認する、
プロジェクトの目標を定義する、
ステークホルダー間でプロジェクト目標の合意を得る、
核となるリーダクラスを選定する、
という手順でプロジェクトを立ち上げれば、失敗することはなかったでしょう。

立ち上げフェーズでは核となるリーダクラスを人選する” に対して1件のコメントがあります。

  1. 実践!戦略的IT経営様
    今、有名ブログランキングに登録すると、『ランキング上位に行く秘訣』『ブログで稼ぐ方法』が書かれたe-bookを差し上げています。また、ランキング上位の方は、賞金最高10万円も当たります!登録者急増中で、アクセスアップも充分望めます。
    ぜひ、ご検討ください。ご不要でしたら、削除下さいませ。失礼致しました。
    ※すいません。私にはむずかしくて、パッと読んだだけでは理解できませんでした(^^;)じっくり読ませて頂きます!
    有名ブログ☆ランキング 代表小泉

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*