データ移行ができなければカットオーバーできない

いよいよ、大詰めを迎え、プロジェクトのカットオーバーとなりました。
カットオーバーするためには、当然、最後の大きな作業を行わなければなりません。
そうです。データ移行です。
データ移行には、大きく分けてマスタデータとトランザクションデータの2種類あります。


マスタデータは、事前にある程度移行しておき、その時点からの差分を移行する方法が一般的です。
トランザクションデータは、一気に持ってこなければなりません。また、月次残高だけで良いのか、日々の明細データが必要なのか、それぞれ、移行方針を決め、それに従わなければなりません。
また、最低2度程度は、移行リハーサルを行い、問題点をつぶしておくことも必要になります。
データ移行に失敗すると、当然カットオーバーできなくなります。
最後の難関です。
ここでも、いろいろと起こることを想定して、チェックポイントを作り、データを戻して再度行なうポイント、データ移行を中止するポイントを決めておかなければなりません。
決算期に合わせてカットオーバーする場合は、期末データと未決済データだけで良いのですが、期の途中でカットオーバーする場合は、それまでの月次データを順番どおり移行しなければなりません。
ある外資系企業で、ERPを導入したら、売上が倍増したと騒いだことがありました。原因を探ると、何とある月のデータを2度移行してしまったのです。
笑うに笑えない事態です。
会計だけの場合は、伝票を削除するか、反対仕訳を入力すれば良いのですが、ロジスティックスのデータはそうは行きません。
結局、カットオーバーを延期し、すべてのデータ移行をやり直すことになりました。
このような単純ミスは想定外だったのですが、起こらないとも限りません。
あるAV機器メーカのERPプロジェクトでは、スケジュールの遅延により、モジュールごとの段階的カットオーバーとなりました。しかも期中で。
それも、難題を抱えて。ロジスティックスの方が先にカットオーバーする事態となったのです。何が難題かと言うと、ロジスティックスデータを投入すると会計伝票が発生してしまいます。これをどう扱うか…等々。
事前にいろいろとオプションを検討し、最終的に2通りの対処方法に絞りました。さらに、2つの方法を実際に行い、その問題点を検討しました。
そして最終的に決定したわけですが、このプロジェクトでは、データ移行を本体のプロジェクトから切り離し、ミニプロジェクトとして扱い、4ヶ月の期間を要して、データ移行に臨みました。
データ移行は、単純な作業ではありません。
カットオーバー近くになって考えれば良いものでもありません。
要件定義フェーズから移行方針などを決定し、移行用プログラム開発、テストとつなげていかなければなりません。
最終成果物ができても、データ移行ができなければそのプロジェクトは、カットオーバーできないのです。

データ移行ができなければカットオーバーできない” に対して1件のコメントがあります。

  1. まぁ、そう言われると…の法則(847個目の気付き)

    こんばんはぁ!記事が参考になります!!
    今後ぜひぜひ交流させて頂きたい、と思い、トラックバックさせて頂きました。
    当ブログでは、稼ぐ手法をわかりやすく…

  2. 伝えたい事をお客様に言ってもらう方法(846個目の気付き)

    昨日はコメントありがとうございます!!
    えだけんです。
    今日も関連記事をUPしましたので、来て頂けると嬉しいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*