フィージビリティスタディって何?いつやればいいの?

フィージビリティスタディとは、特定されたビジネスの課題を解消するために、いくつかのソリューションを検討し、プロジェクトで実行する最適案を決定することを指します。
通常は、プロジェクトマネジャーが、プロジェクト立ち上げフェーズの初期に実行することになります。いくつかの代替案を明確にして、それぞれの代替案を検討し、そして、顧客にとって最も満足のいくソリューションを決定することがその目的です。


フィージビリティスタディを確実にこなすには、以下の4つのステップを実行することになります。

  1. 課題を明確にする
    取り得るソリューションの代替案を明確にする前に、当然ですが、ビジネス上の課題や機会の原因となるビジネス環境を調査しなければなりません。そのためには、次の事項をチェックします。
    • 業界標準、法制度の変更の有無
    • 市場への新規参入者の有無
    • 新技術の開発、適用の有無
    • 新しいビジネス業績を評価する目標の有無

    ビジネス環境とビジネスドライバーを明確にできたら、次は、ビジネス上の課題や機会を特定します。それらを解消するまでに必要な期間、コストはもちろんのこと、ビジネスに対する影響度も明確にする必要があることは、言うまでもありません。

  2. 要求事項をリストアップする
    ソリューションを実行するために必要な要求事項を明確にします。例えば、
    • 効率化を推進するために導入する新業務プロセス
    • 新サービスを提供するための新組織
    • より機能を充実させた新システム
    • 安定性を増した新技術プラットフォーム
  3. 代替案を明確にする
    ビジネスの課題も特定でき、要求事項も理解しました。次は、いよいよ、実行可能なソリューションの代替案をリストアップし、フィージビリティスタディを実行します。
  4. フィージビリティスタディ結果を評価する
    以下のステップを取ります。
    • 代替案の実行可能性を評価する手法を定義する。例えば、
      好ましい結果が出るかどうかを評価するためのプロトタイプを作成する、
      新業務プロセスを採用するかどうかを決定するために従業員アンケートを実施する、
      新製品・サービスが受け入れられるかどうかを決定するために市場調査を実施する
      などがあげられます。
    • 定義された手法を実行し、それぞれの代替案の結果をまとめます。
    • 実行中に起きた課題やリスクをリストアップします。
    • 調査結果、リスク、課題を元に、代替案にランク付けをします。
    • 最高得点を得た代替案をソリューションとして決定します。
    • フィージビリティスタディ報告書を作成し、ビジネス課題、要求事項、代替案、調査結果をまとめます。
    • 報告書をプロジェクトスポンサーに提出し、プロジェクトで実行するソリューションを決定します。

以上のような個々のステップを確実に実行することで、より十分で詳細かつ正確なフィージビリティスタディを実行することができるようになります。
PM123のフィージビリティスタディ報告書を使用すると、フィージビリティスタディを効率的に、すばやく実行し、報告書を作成することができます。是非、ダウンロードしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*