CD ROMへのデータバックアップ

現在のような技術の進歩した時代では、過去のどの時代よりも、コンピュータがはるかに重要なものになっています。請求の支払や、生計を立てることもコンピュータでされるようになってきています。従って、データは、はるかに重要なものであるということができます。
コンピュータに保存されているデータの中には、貴重な写真や失いたくない記憶もあるかもしれません。どんなにコンピュータが精巧になっても、データ損失につながるようなハードディスクのクラッシュは起こり得るし、故障もします。従って、バックアップを取ることが必要になります。


データのバックアップを取る方法はいくつかありますが、CD ROMにバックアップを取る方法が最も簡単で、一般的になってきています。標準的なCD-Rデータディスクは最高700MBのデータを保持することができます。写真、文書、ソフトウェア、プログラムとどのようなものでも保存することができます。ファイルとデータでいっぱいになっているフォルダ自体も保存することができます。
CD-RWメディアを使用するならば、ディスクがいっぱいになるまでデータを加え続けることができます。既に保存してあるデータを書き換えることもできます。頻繁に更新される文書をバックアップする方法としては最適なものです。
しかし、CD-Rデータディスクの場合は、データを追記することができません。一度保存すれば終わりです。文書が必要な時は、最初に保存した時の状態でそのまま取り出すことができます。
CDの価格はどんどん安くなってきています。誰でも買うことができます。ほとんどコストがかかりません。それが、データバックアップ用に一般的になってきている理由です。また、現在では、ほとんどのPCにCDドライブが付いています。何枚かのCDを購入するだけです。
大事なことは、CDがフロッピーディスクより信頼できるということです。CDは、非常に長期間の間使用できますので、バックアップする必要がある重要なデータは、CD-ROMに保存しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*