オフサイトバックアップの優位な点

データとファイルのバックアップを作製することは、災害やとデータ消失を避けるために非常に有効な方法です。中小企業であれ、大企業であれ、また、個人であれ、災害に直面した時、情報のバックアップのありがたさが分かります。しかし、バックアップがデータを安全で保護する有効な方法であるとしても、従来の方法には若干の欠陥があります。
データのバックアップを作製したとき、バックアップを災害を受けにくく、かつ、容易にアクセスできる場所に保管しなければなりません。ビジネスの世界では、オフサイトバックアップが一般的であり、多くの企業がオフサイトでバックアップを保管しています。それは、CD、DVD、外部ハードディスク、サーバーなどを利用してバックアップする方法と比較して、非常に大きな利点があるからです。


その大きな利点とは、オフィス自体にバックアップが保管されていないということです。オフサイトバックアップサービスを提供している企業は、火災、水害、盗難などから、最高水準のセキュリティでデータを保護します。予想外の出来事がオフィスで起こる可能性があることを考えれば、これは非常に有益なことです。
オフサイトバックアップの大きな優位な点は、データの保管場所として使用できるということです。必要であれば、オフサイトバックアップサービス企業へ出向き、データを閲覧することもできます。また、オンラインスペースとしても利用することができます。オンラインスペースにデータをアップロードし、必要な時にデータにアクセスするという使用方法です。ホスティングを利用しているような感覚です。
オフサイトバックアップのもう1つの優位な点は、常にデータが保護されているということです。CDやDVDを使う必要がありません。CDやDVDは個人にとっては優れたバックアップ方法ですが、ビジネスにとってはそうではありません。オフサイトバックアップの方が費用がかかりますが、何より重要なことは、バックアップのためのスペースが十分に確保できることです。しかも、災害や盗難の心配がありません。
オフサイトバックアップは、災害に見舞われやすい地域で事業を行う場合には、非常に大きな効力を発揮します。洪水、地震、火災や台風などが起こりやすい地域では、オフサイトバックアップが欠かせません。オフサイトバックアップを利用すれば、天災、システム障害、ハードディスク障害、データ消失などを気にする必要がなくなります。
十分に理解されていないかもしれませんが、常にデータを利用することができます。オンラインバックアップサービスは、24時間365日利用することができるのです。利用するための設定も簡単であり、高度のセキュリティも享受できます。頻繁に、そして迅速にデータにアクセスしなければならない人にとっては、オフサイトバックアップは、非常に効率的なサービスであるということができます。
オフサイトバックアップでは、実質的にどのようなファイルでも保存しておくことができます。テキスト、PDF文書、営業記録、写真、音楽などあらゆるファイルを保存することができます。オンラインバックアップの容量は、実質的に無限であるといえます。
オフサイトバックアップは、企業にとっては、理想的なバックアップ方法です。オンライン・オフサイトバックアップを利用してデータを保管することもできるし、物理的に安全なオフサイト保管場所としても利用できます。どちらを選択するかは、ニーズしだいです。しかし、忘れてはならないことは、常にデータが保護されているということです。そして、必要な時は、データにいつでも簡単にアクセスできるということです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*