外部ハードディスクドライブのデータ復旧

コンピュータデータをいくつかの異なる方法に保存することができます。リムーバブルディスク、ハードディスク、CD、DVDや他のタイプのメディアに保存することができます。いろいろなメディアに保存することができるとしても、電子あるいは機械デバイスは何時かは壊れるものです。それがデータ消失につながります。デバイスが長年の間、快調に使用できていたとしても、最も予期していない時に、故障してしまうことが良くあります。そして、それを防ぐことはできません。
ハードディスクは、それが機械式デバイスであり、何時かはクラッシュしたり、障害を起こすこともありますが、データを保存しておく非常に一般的なデバイスです。クラッシュした時は、通常データも失ってしまいます。そしてあなたは苦境に陥る… それを防ぐには、常にバックアップを取ることしか方法がありません。外部ハードディスクにバックアップを取ることもその手段です。


外部ハードディスクは、非常にハンディなデバイスです。音楽ファイルや写真を含め、どのようなファイルも保存しておくことができます。ビデオを多く撮る人は、当然ビデオを保存しておきます。ビデオの容量はまちまちで、すぐに500GBになる場合もあります。もしあなたがビデオを多く撮り、PC内部に保存しているのであれば、すぐにハードディスクの容量がいっぱいになってしまいます。このような時、外部ハードディスクを利用して、PC内蔵のディスクスペースを確保することができます。
データ復旧の観点で言えば、外部ハードディスクは、すばらしい解決案です。ハードディスクの内部全てを、バックアップすることができます。ミラー構造にすることもできます。多くの外部ハードディスクは、FireWireまたはUSB互換であって、PCと同時に動きます。外部ハードディスクを使用するため必要なことは、単に、PCに接続するだけです。そして、外部ハードディスクに付属しているソフトウェアでデータとファイルを移送します。
PC内蔵ハードディスクの容量が大きくて、すべてを外部ハードディスクにバックアップしたい場合は、より大きな容量の外部ハードディスクが必要となります。最初にすべてをバックアップするのに数分から数十分かかるかも知れません。その後は、新しいファイルや修正されたファイルだけをコピーするのがスマートなやり方です。
一旦外部ハードディスクにデータの全てをバックアップしたら、そこにすべての必要なデータがあることで、安心できます。外部ハードディスクはクラッシュしません。あなたが必要とするデータを取り出すまで、使用しないからです。同様に長年の間、快調に使用することができます。写真や貴重なファイルの保存先としては、最高です。もしあなたが何らかの事業を営んでいるのであれば、ビジネスデータを保存する先としては、最高のデバイスであるということができます。
とにかく、外部ハードディスクはデータのバックアップを取る完全な方法であるということができます。一旦バックアップを取ってしまえば、内蔵ハードディスクに何が起こっても、対応可能です。内蔵ハードディスクがクラッシュした場合は、内蔵ハードディスクを修復し、外部ハードディスクのバックアップからデータを復元すれば良いのです。外部ハードディスクは、データ復旧プロセスの多くの作業を必要としません。そして、ハードディスクを専門サービスに送り、修復してもらう時間も節約してくれます。
私は、昨年のハードディスク障害以来、この方法で、ビジネスデータのバックアップを取り続けています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*