データの安全性を確認する

今日のほとんどのビジネスは、利用できる技術を駆使し、作成されたデータに依存しています。しかし、すべての企業が、大容量のネットワーク記憶装置や、サーバーに投資できる予算を持っているわけではありません。大企業であれば、ビジネス情報のバックアップを作成し、業務を遂行することができるでしょう。
中小企業には、限られた予算しかありません。災害が発生したら、復帰することは困難で、倒産してしまうこともあります。過去の9.11やカトリーナハリケーンの教訓は、我々に、バックアップと災害復帰計画が重要であることを教えています。災害を想定しビジネス情報を守っていた企業は災害から復帰し、そうでない企業は倒産してしまいました。


データを保護し、安全であることを保証する方法はいくつかあります。中でも一般的な方法は、サーバーを利用することです。サーバーは大企業でも中小企業でも大いに役立ちます。高価に見えるかもしれませんが、30万円程度から構築できるものもあります。
他の方法とは異なり、サーバーは会社のデータをすべて安全に保存する機能を提供しています。ファイルごとにアクセス権を設定し、未承認のアクセスを防止することもできます。そして、ファイルの安全性を保ちます。しかし、データ消失のほとんどの原因が、誤ってファイルを削除してしまうことであることを覚えておかなければなりません。
サーバーを使用するとデータは中央の1箇所で管理されます。ネットワーク上の異なるコンピュータに散らばるわけではありません。サーバーは非常にユーザーフレンドリーで、ファイルをきちんと管理してくれます。データを検索する場合も、異なるコンピュータをいちいち見る必要はありません。保存されているサーバーを覗けば、すぐにデータにアクセスすることができます。
データを安全に保管するもう1つの方法は、CDやDVD、外部ハードディスクを利用することです。この方法を採用する場合は、毎日業務の終了時にバックアップを作成します。災害はいつ起こるかわかりませんから、毎日バックアップを取ることで、何か起こった場合にすぐ対応することができます。
CDやDVDにデータを保存しているのであれば、ディスクを安全な場所、例えば耐火金庫の中などに保管しておくことが必要です。そうすれば、オフィスで火災が発生しても、データは守られます。毎日、業務の終了時にバックアップを作成し、安全な場所に保管しておくことで、例え翌日、バックアップデータが必要になったとしても、簡単に対応することができます。
データや情報をオフサイトに保存しておくこともできます。この方法は、最も好ましい方法であり、一定の月額費用で、データを保存しておくことができます。オフサイトデータセンターは、安全なサーバーを多数所有しています。そして、未承認のアクセスなどの事故からデータを守ってくれます。このサービスを利用する時は、データ自体のセキュリティを考える必要がありません。データセンター側で、データの保護をしてくれます。
どのような方法を採用しても、忘れてはならないことは、常にデータの安全性を確保する計画を作成することです。企業情報は、ビジネスの成功に欠かせないものです。従って、計画がない企業は、早急に作成しなければなりません。データや情報が安全であり、災害から守られていることを十分に理解できれば、日常の業務に集中することができるようになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*