ハードディスクのオーバーヒート

いろいろな理由により、コンピュータのデータ保存方法が非常に重要なものになってきています。ビジネスデータから、家族の写真まで、データの保存媒体は、コンピュータで文書を持っておく理想的な方法となっています。言うまでもなく、ハードディスクがデータを安全に保存しておく一般的な方法となっています。
ハードディスクは、データを保存しますが、完全無欠な方法ではありません。ハードディスククラッシュは常に起こります。それを防ぐ方法はありません。ハードディスククラッシュが起こる原因はいろいろありますが、その最も一般的な原因は、オーバーヒートです。


非常に古いタイプのハードディスクは、RPM速度が遅く、オーバーヒートが起こりにくいものです。しかし、最近のハードディスクのスピードは、7,200 RPMから10,000 RPMです。すなわち、ハードディスクが起動されるとすぐに熱くなります。ですからPCには、クーリングファンが付いています。また、現在のハードディスクには、温度センサーが付いており、温度を常に監視しています。
現在のハードディスクの問題で、オーバーヒートは非常に一般的な問題になっています。10,000 RPMを超えるようなスピードのハードディスクは、その温度が、30度以上にもなります。ドライブ内部はそれ以上の温度になります。ドライブ内部は、従って、耐熱設計になっています。しかし、問題に直面することがあります。ドライブが熱くなりすぎると、データが消失してしまうことがあります。オーバーヒートでデータが消失し場合は、残念ながら、どのようなデータ復旧専門化が作業しても、データを取り出すことは不可能です。
オーバーヒートで影響を受ける部分は、プラッタです。プラッタにデータが格納されます。プラッタは、光学ガラス、アルミニウム、セラミックなどで作られ、その表面を磁性体で塗布されています。ハードディスクの温度が高くなると、プラッタが膨張し、そのサイズが変化します。このようなことが起これば、表面に塗布されている磁性体が破壊されます。すなわち、データ消失です。プラッタ自身に物理的障害が起これば、その場所は、読み込み不可能なセクターとなります。
オーバーヒートで影響を受けるその他の部分は、データの読み書きを行うヘッド部分とコントローラーチップです。ハードディスクは非常に精巧なハードウェアであり、オーバーヒートに対応できません。ヘッド部分は、その最も典型的な部分であり、ひとたび障害を受ければ、ドライブ自体が役に立たなくなってしまいます。過熱状態になれば、ヘッド部分は、メディアと接触できなくなります。従って、コンピュータへの情報フローが途切れてしまいます。
ハードディスクのオーバーヒートを防止するには、適切に冷やされ、換気状態が良い事を常に監視しなければなりません。ファンやクーラーを余分に取り付けることもできます。そして、コンピュータ内部の換気と空気の流れを改善することもできます。ファンやクーラーは安価であり、取り付けることができるのであれば、ハードディスクのオーバーヒートを防止する理想的な投資となるでしょう。
同様にハードディスクの温度を監視するソフトウェアを使うこともできます。ソフトウェアやファンに関わらず、ハードディスクが常に冷やされていることが重要です。ハードディスクを冷やすことが、クラッシュの可能性を格段に下げることになります。また、それは、ハードディスクの安定性を増し、ひいては、システム全体のパフォーマンスを向上させることにつながります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*