データ復旧が遅すぎないように

我々がすでに知っているように、消失した、或いは障害を受けたデータを復旧させることは、データ復旧(データリカバリ)として知られています。ハードディスク、Zipディスク、CD、DVDなどいろいろな方法で保存された情報のほとんどを復旧させることができます。データ復旧は、ハードディスクがクラッシュした時や、データ自体が障害を受けた時に、そのデータを復旧し、通常の状態に戻してくれます。
専門家の立場で見れば、データ復旧を専業としている企業がたくさんあります。これらの企業は、多数のデータ復旧専門技術者を雇って降り、専門技術者は、その大半の仕事をハードディスクに費やしています。ハードディスクから情報を取り戻すことは非常に時間がかかります。それは、ハードディスクの障害の程度に依存しているからです。もしハードディスク全体が物理障害を起こしていたり、あるいは、あるセクターが物理障害を起こしていたら、その部分に保存されているデータは復旧不可能であることを覚悟しなければなりません。


迅速にハードディスク修復サービスに依頼すれば、無駄な労力を費やすこともありません。クラッシュ、ウイルス、誤ってファイルを削除した時などは、ぐずぐずする時間はありません。あなたが住んでいる近くに、専門サービスを見つけておいて、障害が発生した時は、すぐに依頼を出せるように心がけておくべきです。専門サービスは、まずハードディスクの状態を分析し、次いでデータ復旧にどのような手段があるか提示してくれます。
あるソフトウェアを使用して、データを安全に、かつ効率的に復旧させるために、専門サービスは、取りえるいくつかの手段を駆使することになります。以下は、専門サービスが使用している、ハードディクスからデータを復旧させることができるソフトウェアの例です。
FIRE Recovery
FIREはブート可能なプログラムで、起動するとすぐにデータ復旧が始まります。またウイルススキャン、障害に対する反応分析などの機能もあります。FIREは最も一般的なプログラムで、データ復旧専門家の間では、世界中で広く使用されています。
LDE recovery
Linux Disc Editorとして知られているように、LDEデータ復旧方式は、Linux上で消失したデータの復旧をさせるものです。非常に古くからあるソフトウェアで、Linuxユーザには欠かせないデータ復旧ソフトウェアです。
NT recovery
NTのデータ復旧ソフトウェアで、WindowsあるいはMS DOS環境下のNTFSでフォーマットされたハードディスクにアクセスし、データを読み込むものです。これは、最も多くのデータ復旧専門家が使用しており、ファイルをNTFSからFATにコピーすることもできます。
上記の例は、多くあるソフトウェアによるデータ復旧方法のうちのほんの2、3の例です。ハードディスクがひどい障害を受けていない場合は、ソフトウェアを使用したデータ復旧が有効に働きます。ハードディスクが水没、火災などによる物理障害の場合は、ハードディスク自体を修復しなければなりません。何度も言いますが、データ復旧専門家をすぐに探して依頼すれば、ほとんどすべてを修復してくれるでしょう。ハードディスクの修復は、時間がかかる作業です。というのは、専門家がハードディスクを隅々まで分析し、障害を受けた箇所の部品を交換しなければならないからです。
あなたのデータと同じぐらい重要なことは、早急に適切な方法を見つけ、一刻も時間を無駄にできないことです。時間はどのような場合でも重要です。特に、データを復旧させる場合には。時間は最も重要な意思決定要素だといえます。ハードディスクに何か起こったときは、特に、1秒たりとも無駄な時間を費やすことはできません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*