絶対に自分でデータ復旧をしてはいけない理由

コンピュータの世界では、データ復旧は失われたデータを復元するために必要であることが分かっています。データ復旧のプロセスは非常に複雑で、決して自分でやろうとしてはいけません。ハードディスクは、非常に精巧にできており、分解中には特別の注意が必要です。ハードディスク内部の小さなコンポーネントには特に注意が必要です。このために、十分に熟練した専門家が、データ復旧には必要である理由です。
データ復旧専門サービスに依頼すると、まず専門家がハードディスクの状態を評価し、障害の原因と、データ復旧の費用を教えてくれます。費用見積を見れば、直ちにほとんどの人が、高い!と感じるでしょう。費用が高いから自分でデータ修復を手がけようとするのは、非常に短絡的な考えです。自分でやった結果、すべてのデータを失ってしまうかもしれません。最初に自分でデータ修復を行い、その結果データを復元できなくて、最終的にデータ復旧専門サービスに依頼したとしても、既に傷口は大きく広がっており、専門家でもどうしようもない時があります。


ハードディスクがクラッシュしてデータにアクセスできない時は、多くの人がディスク修復ユーティリティを使用することを考えます。しかし、これは良い考えではありません。ソフトウェアは、データを書き込みます。必要なデータ箇所を上書きしてしまうかもしれません。このようなタイプのソフトウェアは非常に複雑で、多くの場合、問題を解決することはできません。どのような場合でも、ディスク修復ユーティリティでは、必要なデータを復元することはできませんから、使用するのはやめましょう。傷口を大きくするだけです。
絶対に行ってはならないことは、ハードディスク自体を分解し、修復しようと試みることです。ハードディスクは非常に精巧なコンポーネントで構成されています。大部分の部品は非常に小さく、もろいものです。プラッタは、最もセンシティブな扱いが必要なコンポーネントです。磁性体を塗布した金属製のディスクであり、1枚から4枚のプラッタがハードディスク内部に収納されています。プラッタは、塵や埃に敏感で、特に、指紋を付けると、使用できなくなってしまいます。
プラッタの取り扱い方を知らなければ、容易に表面に傷をつけてしまうかもしれません。傷を付けてしまうと、障害が大きくなり、データは永久に復元できなくなります。ハードディスク内部にはスピンドルもあります。これはプラッタを動かす装置です。また、モータもあり、プラッタの回転速度を制御します。アームがプラッタ上を移動し、アーム先端部分のヘッドがぶらった表面の磁性体を変化させてデータを書き込む構造になっています。ハードディスクが稼働中は、プラッタは高速で回転し、アームは高速に移動します。すべての動きが完璧でなければなりません。
もし、ハードディスクを自分で修復したいという衝動に駆られた時は、修復するのではなく、障害を大きくしてしまうことだと考え、衝動を抑えてください。データ復旧の技術者は、毎日ハードディスクを扱っているエキスパートであり、どのようにハードディスクを扱えばよいのか理解しています。プラッタやアームの取り扱い方はもちろんのこと、分解してもすべてを元に戻す方法も理解しています。
昔の機械のように、たたけば故障が直ることもありません。むしろ説明したように物理的な取り扱い方を間違えば、ハードディスクは故障します。
ハードディスクに何かが起こり、データを失ってしまった時はいつでも、データ復旧専門技術者に作業を任せなければなりません。データ復旧専門サービスは、最初から正しことを適切に実行し、データを復元してくれます。従って結局は、データ復旧専門サービスに依頼することが、あなたの時間とお金を節約してくれることになるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*