データ消失の対応方法

データ消失は、トラウマになるほど影響が強いものです。重要なビジネスファイルや文書であれ、個人的な貴重な写真やビデオであれ、消失してしまえば、非常にストレスがかかる状況に陥ります。もし、そのような状況に陥った経験がないならば、それは、ラッキーであると思わなければなりません。
何が起ころうと、冷静に心を保ち、わめき散らしたり、八つ当たりしたりしてはいけません。また、自業自得だと自分を責めてもいけません。PCは非常に良いツールであり、ハードディスクは優れたデータ保管媒体ですが、これらは機械であり、何時かは壊れるものであるということを忘れてはいけません。どのように優れたハードディスクであっても、絶対にクラッシュしないものや、障害を起こさないようなものはあり得ません。


多くの場合は、消失したデータを復旧させることができます。ハードディスクがクラッシュしたり、保存したはずのデータが保存されていないことに気づいた場合は、すぐに、専門家に見てもらう必要があります。データ復旧の専門家は、まず、ハードディスクの状態を検査し、問題を特定します。そして、あなたに結果を報告します。この検査期間は、早ければ1日、長くなれば、数週間かかることもあります。従って、日頃から、何が起こっても良いように準備しておくべきです。
ハードディスクの検査が終了すると、今度は、作業単価を考えながら、何をするかを決定しなければなりません。どのような作業を依頼するかは、細かくオプションとして選択することができます。データ復旧サービスの提案どおりに進めても良いですし、自分で作業を選択して依頼することもできます。しかし、作業は非常に高価(1GB当たり1万円以上)ですが、この時点では、データを復旧させる唯一の方法であることを肝に銘じておいてください。
まったくデータ復旧を避ける最もスマートな方法は、データのバックアップを取り、そして、取り続けることです。PCで仕事をしている人は、1日に最低1度はバックアップを取るべきです。そうしておけば、仮にハードディスクがクラッシュし、すべてのデータを消失したとしても、バックアップファイルがあるので安心です。また、ハードディスクをデータ復旧サービスに預けている間でも、仕事を継続することができます。バックアップを取っていれば、ハードディスク障害を修復することも、或いは、ハードディスクをスクラップにしてしまうことも選択することができます。
データ損失またはハードディスク障害に遭遇したら、冷静に対応しましょう。データ復旧させる作業は、オプションの選択です。数十万円から百万円以上の費用がかかると覚悟しておいた方が良いでしょう。もしバックアップを取っていれば、このような突然の出費を気にする必要はありません。バックアップファイルからデータ復旧する手段も、データ復旧サービスを利用してデータを復旧させることもあなた次第です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*