データ復旧で自分を見失う

全てのコンピュータユーザーにとって、データ消失は非常に悲しい経験です。ビジネスにPCを利用している場合は特に、ストレスが高まるものです。私も、ビジネスデータをハードディスク障害で一瞬にして失ってしまった時は、途方に暮れてしまいました。
例えバックアップを定期的に取っていても、バックアップ自体に異常がないかチェックしなければなりません。取りっぱなしでは駄目です。バックアップを取って1ヵ月後に、バックアップ自体に異常があることが分かることほど、最悪なものはありません。


あなたが誰であれ、どのようなビジネスをしていようとも、データ消失は起こりえます。コンピュータは完全ではありません。長期間使用していると、ハードディスクがクラッシュしたり、故障したりすることは良くあります。その結果、ハードディスクに保存されたすべてのデータを失ってしまいます。
このような時は、データ復旧作業が必要になります。何年にもわたって蓄積されたデータをハードディスクから取り出すこと以外には、データを取り戻すことはできません。バックアップを作成していれば別ですが。
障害の程度にもよりますが、大体1週間程度の期間がかかります。そして、データ復旧の費用はかなり高いです。復旧させるデータ容量にもよりますが、数十万円から、百万円以上かかる場合もあります。高いと思いますが、データ復旧専門サービスには、熟練した専門技術者がいることを忘れないでください。
専門サービスは、熟練した技術者を抱えており、貴重なデータを復旧してくれるという単純な理由で、払うことができるのであれば、費用が高くても、正当化することができます。大企業になればなるほど、貴重なデータを復旧してくれると信頼し、高い費用でも払う傾向にあります。しかし、専門サービス間を比較すれば、費用が安くて済むところも見つかります。
多くの場合、専門サービスは、ハードディスク自体を修復してくれます。ハードディスクが物理的に障害を起こし、修復不可能な場合を除いては。このような場合は、ハードディスクを廃棄処分にするしかありません。(私の場合は、これでした…)ハードディスクがどのような状態にあるかにかかわらず、通常、データ復旧のための手段を講じて、データを復旧してくれます。
誰でもハードディスク障害を経験し、データを失ってしまうものです。データを失ってしまった時に、途方に暮れたり、ショックを受けたりするものですが、すぐに立ち直らなければなりません。また、このようなことが起こることを日頃から想定しておくことが必要です。
例えデータを復旧させることができるとしても、最低週1回程度は、すべてのデータのバックアップを取るべきです。バックアップさえあれば、ハードディスクを修理に出している間でも、普段と変わらない業務ができることを覚えておくべきです。
大事をとって、CDに重要な文書やファイルを保存しておくことが必要です。この方法が最も安価にバックアップを作成する方法です。そして、実際にハードディスクがクラッシュした時には、簡単にデータを取り出すことができる方法です。
バックアップを作成して常日頃から準備しておけば、何か起こったときにもすぐ対処できます。コンピュータは、将来の可能性を広げてくれます。しかし完璧なものではありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*