データ復旧とは何か

内部統制に関する記事も出尽くした感があり、次のテーマを何にするか悩んでいました。
今回から、IT関係の話題に戻って、記事を書いてみたいと思います。その話題は、データ復旧(Data Recovery)。
昨年、突然にハードディスクから異常音が発生し、物理障害を起こしてしまいました。そしてデータにもアクセスできず、途方に暮れたことがあります。結局データ復旧専門サービスに依頼してデータを復元してもらったのですが、その体験から、調べたことをまとめて、記事にしていきたいと思います。
昨年の経緯は、以下をご覧ください。
大変なことが起こった…茫然自失
ハードディスク障害のその後
さて、本題に入っていきます…


PCを所有している人は誰でも、いつかはハードディスク故障を経験するものです。その原因は、まったくの人為的なミスから生じるものから、PCの上に水をまいてしまうようなものまであり千差万別です。また、ウイルスに感染し、ハードディスクの故障をきたす場合もあります。従って、削除されたり、破壊されたデータを復旧させることは、非常に価値のあるノウハウと言うことができます。
ほとんどすべてのハードディスクのデータを、復旧することができます。通常、ドライブがカチカチいう音、または、掻いているような音を立てているならば、データを回復する特定のソフトウェアを使います。耐用年数が過ぎてしまう、または欠陥部品のために、ハードディスクの開口腕が機能しなくなることがあります。そしてハードディスク盤自体が傷を受け、データが失われます。もし、ソフトウェアで情報を復旧することができないならば、ハードディスクをデータ復旧専門業者に送り、データを復旧してもらわなければなりません。
データ復旧の対象は、2GB程度のハードディスクから、300GB以上の大きなものまであり、常にオプションで構成されます。一般的には、どのようなサイズのハードディスクでも、データを通常、回復させることができます。もし、あなたのPCがクラッシュしたら、データ復旧専門技術者にハードディスクを見てもらう必要があります。
データ復旧の重要な点のうちの1つは、情報がごみ箱から取り出すことができるという事実です。パーティション自体の復旧や、ディスクの上でどこに保存したか分からなくなった情報さえも復旧することができます。完全に失ってしまったと思われるようなデータでさえも、データ復旧の専門家は、データを復旧させることができます。
Windowsからマックまで、なんでも復旧させることができます。NTFSやFAT32など異なるファイル構造やフォーマットがあります。これらはWindowsのファイル構造であり、その中にすべての情報が保存されています。
複数のハードディスクで構成されている場合でも、RAID構成が復旧できると安心です。RAID構成では、一つのハードディスクが故障すると、RAIDセットアップがその影響を吸収します。データを損失することはありません。しかしながら、全てのRAID構成が故障してしまうと、被害は非常に大きくなります。このようなことが起こった場合は、両方のRAIDハードディスクを専門技術者に調査させ、データとソフトウェアを回復させなければなりません。
いつでも、ハードディスクは偶然壊れたり、故障します。従って、データリカバリーは、ファイルを取り戻すために必要です。個人的なファイルであれ、ビジネスに必要なファイルであれ、データ復旧技術を信頼し、どのようなものでも復旧させ、データを取り戻すことができることを知っておく必要があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*