PMBOK第5版変更点 コストマネジメント

PMBOK第5版-第4版からの変更点

Plan Cost Management(コストマネジメント計画)プロセスが新たに追加されています。

7.1 Plan Cost Management(コストマネジメント計画)

他のマネジメント計画と同様に、コストに関するマネジメント計画プロセスが追加されています。
コストマネジメント計画書では、コストをマネジメントする閾値やEVMのようなパフォーマンスを測定するルールを定義します。

7.2 Estimate Costs(コスト見積もり)

主要な変更点はありません。
マイナーなことですが、PERT3点見積もりの平均に単純平均が追加されています。
また、コスト・ベースラインにはコンティンジェンシー予備を含め、マネジメント予備を含まないと明確化されました。

7.3 Determine Budget(予算設定)

主要な変更点はありません。
図7-9 コスト・ベースライン、支出、資金要求がわかりやすく改善され、アクティビティレベルのコストから予備を含んだプロジェクト予算までの仕組みが理解しやすくなりました。

7.4 Control Costs(コスト・コントロール)

ツールと技法にReserve analysis(予備設定分析)が追加されています。これは、リスクの高いプロジェクトをマネジメントするために必要です。

PMBOK第5版-第4版からの変更点
尚、各プロセスのインプット、ツールと技法、アウトプットそれぞれの第4版と第5版の比較をまとめた表を配布しています。ダウンロードは、Brainproショッピングサイトからユーザ登録をしていただくことで無料でダウンロードできます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*