SAP認定コンサルタント資格

肩書き「SAP認定コンサルタント」のつぶやき と言うブログを見つけた。この中で、ftmoon氏が「SAP認定コンサルタント」その微妙な存在という記事を書いている。
少々、複雑な気持ちで、その記事を読んだ。
私は、SAPでコンサル、プロマネをやりながら、独立したわけだが、SAP認定コンサルタントという資格は、持っていない。コンサルタント資格が導入された当時、問題作成、採点を行う立場だったので、資格免除となった。しかし、独立した今、こんなことは、過去の栄光でしかない。
今、認定試験を受けると、確実に、失敗するだろうなぁと思う。


私がSAPジャパンに入社(1994年)した当時、ERPコンサルタントという職業は、何をするのか、まったくわからなかった。同僚とよく、議論したものだ。巷で言うコンサルタントなのか、SEなのかと言う議論も良く行った。
また、コンサルタントという名称を1年生から与えるなという議論もあった。
私は、コンサルタント(あえてこの言葉を使うが)をレベルわけしている。
レベル1:標準機能のパラメータ設定ができる。
 ただ単にパラメータ設定ができるだけで、何も提案できない段階。
レベル2:やりたいことを理解し、標準機能で実現する方法を提案できる。
 標準機能に固執し、業務の目的まで考えが及ばない段階。アドオンが必要な場合でも、アドオンでできますとしか答えられない。
レベル3:アドオンの概要設計ができる。
 こういうアドオンを作れば、その業務はできますと提案できる段階。担当モジュール以外、関係するモジュールの標準機能を理解しているが、コンサルできるレベルではない。
レベル4:ToBe業務を設定し、業務の変更を説得できる。
 業務の目的に照らし合わせて、費用対効果等を考えながら、業務そのものを変更させるよう説得できる段階。
レベル5:いわゆる上流から下流へと落としこみができる。
 システム全体の提案ができる段階。
このレベルで考えると、世間一般の考え方では、レベル1,2は、プログラマ、アソシエートである。レベル3でSE。レベル4以上でコンサルタントであると考えている。
ちなみに、私は、レベル1,2を「出張インストラクター」と呼んでいる。
SAP認定コンサルタントという資格が認定しているのは、レベル1にしか過ぎないのであって、ERPコンサルタントの出発点に立ったことを認定しているのである。
さて、あなたは、コンサルタントとして、どのレベルか?

SAP認定コンサルタント資格” に対して1件のコメントがあります。

  1. king より:

    SAP BW 教科書を購入(3万円)!
    SAP BW 教科書を買いたい。(3万円を払います)!
    下記の試験を参加するためにSAP社のトレーニングの教科書とトレーニングでメモした資料を30000円で買います。
    【試験名】
    CTBW70 Associate BI NW 7.0
    (コーピー件でもいいですがコーピー件は1万円で買います。)
    連絡先: jindj1977@hotmail.co.jp (メール)
    (2011年2月まで有効)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*