MT 4.01アップグレード大苦戦

MT4.01へアップグレードしようとして、現在、新しく追加されたタグなどの動きを見ています。
が、今までが大変だった…
いきなりサーバのMTをアップグレードするのは、無謀だと考え、検証目的で、PCに入れていたMT3.35をアップグレードしてみました。
まるで基幹システムのアップグレードと同じ手順でやってみました。
MT3.xxのテンプレートそのままで、動きを見ていたのですが、やはり、4.01用のテンプレートに変更した方が良いと思い、思い切ってテンプレートの初期化をしました。アーカイブマッピングを再度設定して…ここまでは良かったのですが、3.xxと4.01のテンプレート混在で、再構築してしまいました。(これが躓きの元)


すると、各エントリーへのArchiveLinkがカテゴリのArchiveLinkとなってしまっている…各記事にリンクが貼れない…
調べると、アーカイブマッピングでファイル名を変更しているにもかかわらず、リンクに反映されていない。デフォルトのpost_xxと言うファイルにリンクが貼られている…
3.xxのテンプレートを削除して再構築しても駄目でした。
そこで、3.35へダウングレードし、再度アップグレード。今度は、3.35のインデックステンプレートとアーカイブテンプレートとを削除して、テンプレートの初期化を行いました。すると、今までのエラーがうそのように消えてしまいました。
こんなこと、MT4アップグレード手順のどこにも書いていない!
アップグレードするには、
1. MT3.35のアプリケーションを削除する(上書きコピーはしない)
2. DBのバックアップを取り、エラーが出た時はダウングレードで切る体勢を取っておく
3. テンプレートの初期化をする前に、予め、3.35のテンプレートを削除する
4. アーカイブマッピングが引き継がれないので、再度設定する
これらが肝心です。
現在は、追加された機能やタグの動きを検証しています。MTIfが非常に重宝。いろいろな条件分岐ができ、柔軟なカスタマイズができます。ただし、ネストが重なるとコーディングが汚くなる…MTSwitchなんかをサポートしてくれれば良いのに…
MultiBlogが正式プラグインとして採用されていますが、以前のバージョンで可能だったMTMultiBlogEntry id=…というような書き方ができなくなった模様。記事のIDを利用したものが必要な時は、GlobalListingと併用か。
検証ばっかりやっていて、いつになったらサーバのMTをアップグレードできるのか。MT4.1もベータ2になっており、オープンソース版も出るので、どれを使うか迷うかも。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*