偽装請負問題

今、契約形態が結構問題になっています。松下の偽装請負発覚が発端です。
契約形態の見直しに入っている企業も出てきました。
IT業界では一般化している請負契約ですが、本当の意味で請負契約で良いのでしょうか。
請負契約であれば、発注者は、受諾者のメンバーに直接指示を出してはなりません。
受諾者の管理者を通して指示をしなければなりません。
ITプロジェクトでは、メンバーが足らない、スキルを持ったスタッフがいないという理由で、協力会社からメンバーを補充します。独立している技術者を使用することもあります。その時、契約形態が請負で、実は、派遣であったということがしょっちゅうです。
あなたの会社にも突然改善命令が来るかもしれません。
リスク管理、コンプライアンスの意味合いを再考しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*