もうすぐ911

来週の月曜日は、911ですね。あの911からちょうど5年が経ちました。早いものです。
911に関連して、面白い記事を見つけました。
CNN.co.jpによると、
(AP)「世界貿易センター(WTC)ビルは内部に仕掛けられた爆発物で崩壊した」「米政府による自作自演だったのではないか」――5年前の米同時多発テロをめぐり、米国内で「陰謀説」が再燃の兆しを示している。一部の学者らがグループを結成し、今年6月には「真相究明会議」を開催するなど、活発な運動を展開して議論を呼んでいる。
同時テロでは「WTCビルがハイジャック機の激突による火災で崩壊した」というのが、米政府の公式見解。これに疑問を投げかけているのが、「9-11の真実を求める学者たち(S911T)」と名乗るグループだ。ウエブサイトに掲載されている説によれば、WTCは「計画的に爆破」され、米政府は「政治的目的のために」これを許可したか、さらには「画策した可能性さえある」という。
ということらしいです。真偽はともかく…いろいろ出てきます。
CNN.co.jp “米同時多発テロ「陰謀説」が再燃の兆し”を読む…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*