ハードディスク障害のその後

物理障害の原因は、ヘッドの異常と不良セクターがあったことが重なり、ヘッド自体が駄目になっていたそうです。調査は、クリーンルームで、ハードディスクを解体したとか。
何とか、データを復旧させる見通しが付きました。一時は、お先真っ暗な状態でしたが…すべてのデータを復旧させるとすごい金額になるので、絞込みを行っています。それで見積もりをもらい、そこからさらに絞り込む予定です。


労力をいとわず、再度入手できるものは復旧しないでおこうと思っています。どうせ、ハードディスクの肥やしになっていたものばかりですから。
最低限仕事関係のデータと、個人的なデータだけにするつもりです。それでも数10万円はかかる模様。
再発防止のために、バックアップ用LAN対応ハードディクスを購入し、ファイルサーバーとして使用し、強制的にバックアップを作成する措置を取りました。しかし、ファイルサーバーのバックアップが必要だなと感じています。そこまでは今回対応できないですが。
会社勤めのころは、会社のLANに接続すれば、更新データを強制的にバックアップするアプリが起動していたので、それと同じような感じでできるようにしました。バックアップ用のアプリは2つ持っているので、そのうちの1つを試用しています。削除されたファイルの取り扱いを見て、アプリを変えるかどうか検討します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*