千里眼とニュアージュ

またまた、読書の話題です。松岡圭介の千里眼シリーズ新作文庫本が出ましたね。速攻で買って、一気に読みました。ハードカバーは以前から出ていたのですが、私は、ハードカバーで小説を読む気がしませんので。
今回は、「千里眼とニュアージュ」。上下あわせて総ページ約800ページです。岬美由紀と、他作の「青い瞳とニュアージュ」の主人公一ノ瀬恵梨香との関係が進展します。読んでいない方には毒なので、詳細は省きますが、今回、テレビ局へ買収をかけたIT金融企業がいろいろと暗躍します。
最近の話題をさっと取り入れて小説にしてしまうのは、目を見張るものがあります。でも、どちらをベースにしたんだろう?楽○か、ライ○ドアか?
人物の描き方からホ○○○ンだと思うのですが、皆さんも読んで、どちらか考えて見てはどうでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*