SAP Sapphireの思い出

先週は、SAPのSapphireというイベントでした。まさに、ESA(Enterprise Service Architecture)一色ですね。これからのSAPの方向性を鮮明に示したイベントでした。
会場へ行って、SAP外からSapphireを見る初めての経験。何よりもうれしかったのが、旧知の人とたくさん合えたこと。SAPを卒業して行った人、SAPに在職中の人。情報交換できただけでも、非常に価値があるものでした。
ちなみに、このSapphire、全世界で、アメリカ、ヨーロッパ、アジア、日本で開催されるイベントです。この中で、アメリカで開催されるSapphireだけ行ったことがない。ラスベガスで開催された時、行く予定にしており、航空券を会社に取りに行ったら、上司から出張取り止めだと言われて、グスン。
この時、2年生のコンサルタントが先発していました。ラスベガスで大損したとか。何で、若いやつが遊び気分で行き、私が行けないんだ?
その2年後、ある重要なアライアンスの発表があるからリスボンで開催されるSapphireへ行けと。その関係会社のブースへ言って確認すると、中止になった。即刻上司に連絡取ると、ゆっくりしてこい。それから観光中心に変わったのでした。当然、情報収集も。中堅企業向けのBusiness Oneを日本で最初に触ったコンサルは私ではないかと思っています。もちろん、英語で。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*