代表者確認書のための内部統制の評価モデル


この書籍は、内部統制プロジェクトのプロジェクトマネジメントを行う方やメンバーの必読書です。内部統制に関する書籍を紹介して来ましたが、それらとは内容が異なります!
多くの内部統制関連書籍は、コンセプトの解説が多く、具体的にどのような作業を行わなければならないか、その評価を具体的にどのようにしなければならないかという観点が十分ではなく、実務書としてはあまり有効ではないと感じていました。
しかし、本書籍は、どのようにして内部統制を構築するか、そのステップごとに、何をどのように行わなければならないか、また、実施した内容をどのように評価しなければならないかということが詳細に解説されています。
この書籍をなぜ早く見つけられなかったのか…という思いでいっぱいです。まさに、内部統制構築の実務書という位置付けで使用できるものです。内部統制整備プロジェクトで活躍している皆さんは、絶対に買って損はしない書籍です。目からうろこを体感できるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*