要求開発~価値ある要求を導き出すプロセスとモデリング


「要求定義」から「要求開発」へ。
本書は、システムと同様、「要求」自体も「開発」するものであるという新しい考え方を提示し、これまでの「要求定義」本とは一線を画す方法論を紹介します。要求開発アライアンスが独自に考案した方法論Openthologyがベースになっており、開発の手順(プロセス)や途中過程の成果物を解説します。
「開発」という複数フェーズからなるプロセスを通して、仮説と検証を繰り返しながらビジネス要求からシステム要求を導き出していきます。本書は、要求開発アライアンス発足メンバーの共同執筆による経験と知識とノウハウとメッセージにあふれた一冊。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*