初めて学ぶソフトウエアメトリクス~プロジェクト見積もりのためのデータの導き方


決まって遅れるスケジュール――プロジェクトは正しく見積もれないのだろうか?
本書はこの問いに対して、「プログラム規模」「時間」「工数」「信頼性」「生産性」の5つのメトリクス(測定基準)の相関関係を明示し、メトリクスをソフトウエア開発プロジェクトに生かす方法を解説した実践的教科書です。6300件のプロジェクトデータを分析し、その結果は70点以上の図で提示しています。
本書の見積もりでは、プログラム開発期間に「最短開発時間」「現実的トレードオフ領域」「非現実的領域」という概念を導入し、開発の現場でどういったトレードオフの判断をしながら、時間と工数を見積もっていけばよいかを示しています。現実のデータをもとにプロジェクトマネジメント、品質管理の視点からメトリクスの使い方を解説した本書は、プロジェクトマネジャー、ソフトウエアテスト担当者や品質管理担当者にも役立つ一冊です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*