はじめてのプロジェクトマネジメント 日経文庫


「実用企業小説プロジェクトマネジメント」の著者近藤さんの新刊です。前書の繰り返し的な内容が多いですが、読んでいない方には、お勧め書です。
前書と同様、非常に実用的なプロジェクトの進め方が解説されていますが、プロジェクトの立ち上げ、計画、実行中のモチベーション向上や問題解決、最後の仕上げ、そして反省の順に説明してあります。
プロジェクト管理などの各種手法の説明などではなく、プロジェクトの各局面で、リーダーは、何をどのように考え(考え方)、何に気をつけ、どう行動していくか、という内容です。
一味違ったプロジェクトマネジメント書籍であると言えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*