ゆとりの法則 - 誰も書かなかったプロジェクト管理の誤解


著者は、生産現場のブルーカラー労働者を対象に開発された管理手法は、今日の知識労働には当てはまらないと指摘しています。「人間は時間的なプレッシャーをいくらかけられても、速くは考えられない」というリスターの法則を引用し、プロジェクト管理における「ゆとり」の重要性と、これまでの効率重視の管理方法への異論を展開しています。
他のプロジェクト管理の書籍と異なる点は、ヒトを代替可能ではない「人」として扱っているという点です。本書は、見落としがちな人に着目して、プロジェクトが遅れてしまうナゾを解き明かしてくれます。キーワードは「ゆとり」。面白く読みやすい文章とは裏腹に、これまでの考え方が根本から覆えるような衝撃を受けること間違いなしです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*