数字で考えれば仕事がうまくいく


数学(すうがく)ではなく、数字(すうじ)で考えることがどのような効果をもたらすか?例をたくさん使いながら、わかりやすく、説得力のある本です。
『行動の数値化』をすることで自分がどのような時間の過ごし方をしているか、また、仕事や勉強の効率はどうかがわかります。数字を使ってのプレゼンには説得力があることや、数字化によって今まで見えてない面が見えてきたりします。
例えば「結果は、前回と比べてよかったです。」ではなく、「結果は、前回の50件に比べて100件です。増加件数は50件なので大幅に改善ですね!」などのほうがいいのか悪いのかの判断がしやすくなり、次のステップに進めやすい。
自分がどのように話をしているか、考えさせられます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*