フリーエージェント社会の到来―「雇われない生き方」は何を変えるか


一般的には、雇用形態が流動化し、正社員・終身雇用・年功序列の従来パターンが崩れつつあると言われています。
フリーエージェントとは、「インターネットを使って、自宅でひとりで働き、組織の庇護を受けることなく自分の知恵だけを頼りに、独立していると同時に社会とつながっているビジネスを築き上げた」人々を指します。
本書では、フリーエージェント層が増加し、フリーエージェント社会の到来を告げており、彼らにとって重要なことは安定よりも自由であり、自己実現を目指し、成功は自分自身で決めること、自分の仕事に対して責任を持つことであると説いています。
一気に読めますので、連休中にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*