企業価値評価―バリュエーション;価値創造の理論と実践


本書は、各国のMBA プログラムの指定教科書としても多く使用されています。
株価は事業の勝ち、ひいては株主価値と連動しており、事業価値を向上しなければ株価は上昇しないと言うのがファイナンス理論の原点です。企業は、事業を通じて価値を創造し、企業価値を向上させ、株価を上げなければならないが、それには具体的に企業は何をして行けばよいかを考えなくてはなりません。
この問いに答えるために、本書では企業価値がなぜ必要なのか、そしてそれを以下に管理して行くか、企業価値の算定方法と言った理論的フレームワークを押さえた上で、事例を使いながらどうすれば企業価値を創造する経営を行うことができるかについて論及しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*