内側から見た富士通「成果主義」の崩壊


元・富士通人事部社員だった筆者が、成果主義の誤った導入により富士通が崩壊していく様子を内部告発書として著しています。
成果主義自体が日本になじまないのではなく、その導入の仕方、運用の仕方が悪いのでは、というのが私の率直な感想です。無能な経営層、管理層が、この制度を使いこなせず、社員の士気低下、不満と嫉妬が蔓延、という結果をもたらしてしまった様子が如実に著されています。目標達成には、経営層のコミットメントが必要だということを痛切に感じさせる本です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*